ユニフォーム屋の販売スタッフブログ

2018年新カタログが続々届いています。

皆様!
明けましておめでとうございます。

新年を迎えて既に二週目に入りましたが、やっとエンジンが掛かり始めた管理人です。
(上司に見られないことを祈りつつ・・・)

私どものいるユニフォーム業界ではこの時期は新商品
発表ラッシュの時期でもあります。

来週位から各都市で新商品の展示会も開催される様に
なります。

そのタイミングで多少前後があるものの、新カタログが
発刊されるタイミングではあります。

ジャジャーン!
今日ご紹介するのは、サンペックスイスト様の新カタログです。

サンペックスイストさんはこの業界の中では比較的新しい
メーカーさんであり、元々「サンペックス」社と「イスト」社の
二社が合併して出来た会社です。

この二社が元々は別々に飲食店様向けのユニフォームの
カタログを展開していたのですが今回満を持して一冊に
まとまりましたよ。
同じターゲットでありながら、元々テイストが異なる商品を
展開していた両社ですので今後の展開を楽しみにしていました。

商品については・・・

ん~、正直、まだわからん!(笑)

今後の意見交換会などで商品を触りながら、多くの
お客様に提案していきたいと思います。

そして我が社が得意なオフィスウェアの新カタログが
これだ!




 
これはキープコンセプトながら、GROWらしい商品が
出て来ています。

新商品は私も大好きだった、商品のリニューアル版と思われる
商品がデビューです。
色づけが良いんですよ~


そして、当社としてももっと売りたい食品製造業様向けの
FOOD FACTORY~
そして、毛髪落下防止の要になる帽子だけの専用カタログも
出ています。

食品製造の現場は、異物混入に対するリスク
マネージメントや、それによる作業環境が起こりやすい
側面もあり、私どもももっともっと提案したい分野です。

また後日商品を見ながらの意見交換会なども予定されて
おりますので、どんどん良い商品を提案したいと
思いますので、御期待下さい!
 

ガッキーが来たよ!!(衣装のみ)

皆さん、大好きですよね!?
ガッキーこと、新垣結衣さんです。

新垣結衣さんの大ヒット作と言えば、「逃げ恥」!
・・・じゃなくて、今日は「コードブルー」です。

 
一応、肖像権に配慮ってことで、自主規制です(・_・;)

そのガッキーが、なんと、我が社へ!
って衣装だけですけど。


 
新垣結衣さんは劇中では「白石恵」という役名でしたね。
袖にはしっかりと名前が「M.Shiraishi」とプリントされています。
みんなあまりにも小綺麗なので、リアリティーには掛けていましたが、
なんやかんや言いながら、私も毎週見ていました。

・・・えっ? レプリカなんじゃ無いかって?
ちゃんとパンツの内側にはうっすらと「新垣」のお名前が・・・

実はこの衣装は当社のお取引先様であるサンアロー様のグループ会社が
「コードブルー」に衣装提供をしていたものです。
なので、実は同じ商品も市販されているのです。
 
この衣装は、この商品にポケットとプリントでカスタマイズしたものです。

さすが、オシャレになってますね~

もちろん、この衣装は試着厳禁、メーカーさんは「あんまり触らないでくださいね(汗)」って、
緊張した顔をしていましたが、話題としてはなかなか盛り上がりました。

制服の衣装提供っていうのは私達が販売している商品をそのままっていうのが結構多いのです。

またそういうネタもお知らせしたいと思います。

JIS T8127 高視認性安全服をご存じですか?

「JIS T8127」とは、夜間の作業環境のリスク別にクラス分けを行い、そのクラス毎に視認性の要因を
決める再規制反射材や生地の色などを具体的な数値で定めた規格です。

 

夜間の作業現場近くを往来する車などに作業員が接触する事故の増加が止まらず、
EUでいち早く定められた安全規格「EN47」をベースとした商品開発が一部のメーカーにて行われておりました。

しかし2015年10月には日本工業規格として「JIS T8127」が発行され、徐々に商品が揃い、
導入を検討されている企業様もかなり増えてきた・・・という印象です。

高速道路上の作業にも対応する「クラス3」になると、
蛍光素材と再帰性反射材が見える面積の決まりが非常に
大きくなるため、デザイン上はどのメーカーの商品も
同じように見えます。

例えば、上のジャンパーは、高速道路上での作業をされている方がよく来ている色とデザインです。

ですが、実はこのブルゾンは電動ファン付のいわゆる「空調服」になっています。

同じように、各社から「透湿防水」や「ストレッチ性の高い」
素材を使用した物。
また極力薄手にして、立体的な織りにより「通気性を高めた」
素材の商品もあります。

そして商品選びで重要なのが、再帰性反射材の耐久性。

長期間使用するものなので、重要なポイントだと思います。
 

同じような商品に見えても、着用環境や運用方法によって、

商品の選び方は変わってくると思います。
「常に最高のスペックの商品を!」であれば問題は少ないかもしれません。

ですが、作業服には消耗品という実態もあるので、安易に

高価な商品をお選びになるのも
得策では無いと思います。

今の時代、「人を危険にさらすことは、会社をも危険にさらすこと」になりかねません。

私達もまだまだ勉強中ですが、もしご検討の際にはご相談ください。